Pt03

ソバルディの服用スケジュール

ソバルディ・リバビリン併用療法の服用スケジュール

  • ソバルディは1日1回、1錠を服用します。リバビリンは1日2回、朝食後と夕食後に服用します。リバビリンの服用量は、患者様の体重や血液検査の結果や合併症に有無に応じて決められます。主治医の先生の指示に従ってください。
  • ソバルディはいつ服用してもよい薬ですが、朝食後または夕食後のいずれかに決めて、リバビリンとともに服用することをお勧めします。
  • C型肝炎ウイルスをあなたのからだから排除するためには、ソバルディとリバビリンを12週間(84日間)にわたり、毎日服用することが必要です。
schedule_1-2
  • ウイルスが完全にいなくなったかを確認するために、12週間後にウイルス検査を行ない、効果判定をする必要があります。

ソバルディとリバビリンの服用方法

schedule_3_1

ソバルディを飲み忘れた場合の対応

  • 飲み忘れた場合は、気がついた時に、1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合は1回とばして、次の時間に1回分飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。
schedule_3_2

毎日お薬を飲むことの大切さ

  • ソバルディとリバビリンによる効果は、毎日忘れずに服用することで発揮されます。
  • ソバルディとリバビリンを飲み忘れると、血液中の薬の濃度が下がり、ウイルスの排除が難しくなることがあります。
schedule_4 schedule_5

処理実行中...しばらくお待ちください。